日野市で理想の暮らしを実現できる不動産会社をリサーチ

HOME » 日野市内の住みやすさまとめ

日野市内の住みやすさまとめ

ここでは東京の中でも人気が高い日野エリアの住みやすさについて4つのエリアに分けて紹介しています。

日野市全体の住みやすさは?

東京都のほぼ中央に位置する日野市は、周囲を八王子市や府中市、多摩市などに囲まれています。歴史好きな方であれば、新選組副長の土方歳三の出身地であることや、車好きの方なら、日野トラックが本拠を構えることでもご存知のことでしょう。

かつては宿場が設置されており、農業を中心に栄えていました。近年でも農地や緑地が多く残っていることから、国土交通省から「水の郷百選」にも認定されています。

不動産探しをする前に見ておきたいポイント

日野市に限らず、不動産を探している方に注目して欲しいのが交通アクセスの良さです。

日野市内はJR中央線と京王線が走っており、特に日野駅や豊田駅からは、乗り換えなしで東京駅まで行けることが大きな魅力です。また、多摩都市モノレールも通っており、主要駅からは小田急線への乗り換えも可能なので、都心へのアクセスが容易です。

市内主要駅である日野駅から徒歩数分の位置に日野市役所が構えられており、行政の中心地として機能。また、日野駅からは近隣のハブ駅である八王子駅や立川駅までのバス運行も行っています。

市内には幼稚園や保育園が各地域ごとに充実しており、子育て世代も安心できる地区と言えます。公園や児童館も多く、また、自然環境も多く残されているので、情操教育にはピッタリですね。子育て世代への助成制度も充実しているので、日野市への転居を考えている方は、ぜひ一度調べてみてください。

日野市の最大の特徴と言えるのが、昼夜で2万人ほど変わる市内人口です。都心部や八王子エリアへの通勤・通学をする居住者が多く、典型的なベッドタウンとして機能しています。

市内には昭和40年代から稼働していた団地や集合住宅が多く、これらに住む人たちの多くが、日野市のアクセスの良さを認識して住んでいるということでしょう。