日野市で理想の暮らしを実現できる不動産会社をリサーチ

HOME » 日野市内の住みやすさまとめ » 東部(高幡不動駅エリア)

東部(高幡不動駅エリア)

日野市を4分割したうち、高幡不動駅周辺を中心とした、東部エリアの住みやすさを紹介します。

日野市東部(高幡不動駅エリア)の住みやすさは?

「犬の横顔」に例えられる日野市。このサイトではそのうち、高幡不動駅エリアを中心に、日野第三中学校と三沢中学校それぞれの学区をまとめて東部と位置づけました。この地域内の地価や物件価格の相場、交通機関や教育機関などの情報をまとめています。

エリア全体のデータ

地価平均は1m2あたり、およそ28万円、坪単価に直すとおよそ92万円というデータがあります。日野市全体の平均坪単価が約68万円なので、平均から見るとかなりお高い地域と言えます。

それでは、エリア内の中古戸建・中古マンション・土地それぞれの相場を見てみましょう。

中古戸建

地名 平均坪単価
万願寺 128.2万円
石田 113.7万円
新井 132.4万円
高幡 135.6万円
三沢 92.7万円
百草 101.6万円
落川 118.2万円
程久保 91.7万円

坪単価だけで見た場合、中古戸建で狙い目となるのは、「程久保」というエリア。多摩都市モノレールの「程久保」駅があり、高幡不動駅にも近いので、交通アクセスは良好と言えます。

一方、最も坪単価が高いのは「高幡」エリア。そのお隣の「新井」エリアも坪単価が132.4万円とお高め。程久保とは40万円もの差がついています。

日野エリアで最も戸建物件を扱っている不動産会社は?

中古マンション

地名 平均坪単価
万願寺 117.0万円
石田 112.9万円
新井 121.4万円
高幡 142.5万円
三沢 76.0万円
百草 67.6万円
落川 147.4万円
程久保 77.7万円

中古戸建で最高値だった高幡エリアの東側、「落川」が坪単価約150万円という結果に。一方、狙い目エリアとしては程久保エリアに加えて三沢や日野市東端の百草が挙げられます。

特に三沢は戸建ての平均坪単価も控えめだったので、「日野市ならどこでも」という方であれば、マッチするかもしれません。

日野エリアで最も中古マンションを扱っている不動産会社は?

土地

地名 平均坪単価
万願寺 66.4万円
石田 73.6万円
新井 72.9万円
高幡 89.6万円
三沢 49.2万円
百草 38.2万円
落川 56.8万円
程久保 41.3万円

最高値となったのはやはり高幡エリア。お手頃エリアの百草と比べると、その差はなんと倍以上。なるべく土地の価格を抑えたいのであれば、こちらのエリアが狙い目です。

日野エリアで最も売地物件を扱っている不動産会社は?

日野第三中学校区内の生活情報

エリア内を通っている交通機関は多摩都市モノレールのみ。そのため、どちらかと言えば車での移動がメインになるエリアです。

児童館やスーパーマーケット、医療機関は少ないですが、エリアの西から南にかけては豊かな自然が広がっています。

三沢中学校区内の生活情報

三沢中学校がエリアのほぼ中央に位置しています。高幡不動駅や百草園駅へのアクセスが良いエリアでもあります。公立・私立問わず保育園・幼稚園が充実しており、教育環境も整っていると言えるのではないでしょうか。

診療所も含めて医療機関が33ヶ所あるので、急な病気でも安心ですね。