日野市で理想の暮らしを実現できる不動産会社をリサーチ

HOME » 日野市内の住みやすさまとめ » 北部(日野駅エリア)

北部(日野駅エリア)

日野市を4分割したうち、日野駅周辺を中心とした、北部エリアの住みやすさを紹介します。

日野市北部(日野駅エリア)の住みやすさは?

「犬の横顔」に例えられる日野市。このサイトではそのうち、日野駅エリアを中心に、日野第一中学校と大坂上中学校それぞれの学区をまとめて北部と位置づけました。この地域内の地価や物件価格の相場、交通機関や教育機関などの情報をまとめています。

エリア全体のデータ

地価平均は1m2あたり、およそ21万円、坪単価に直すとおよそ71万円というデータがあります。日野市全体の平均坪単価が約68万円なので、平均通りといった感じでしょうか

それでは、エリア内の中古戸建・中古マンション・土地それぞれの相場を見てみましょう。

中古戸建

地名 平均坪単価
新町 119.9万円
栄町 129.2万円
大坂上 135.3万円
神明 124.7万円
日野本町 147.3万円
日野 123.7万円
上田 119.3万円

坪単価だけで見た場合、中古戸建で狙い目となるのは、「新町」と「上田」というエリア。新町エリアは日野市の北部に位置し、日野駅へのアクセスにも優れています。一方、上田エリアは川辺堀之内や南平、万願寺などに囲まれており、農地や緑地を多く含んでいます。

最も坪単価が高くなったのは日野市北端にあたる「日野本町」というエリア。新町エリアとは日野駅を挟んで反対側に位置しており、住宅地として発展しています。

日野市の戸建物件取扱数ランキング

中古マンション

地名 平均坪単価
新町 94.5万円
栄町 143.3万円
神明 86.8万円
日野本町 134.5万円
日野 114.8万円

中古戸建で最高値だった日野本町エリアよりも、「栄町」が坪単価約143万円とエリア内最高額に。栄町は「犬の耳」に当たる部分で北側は緑地が広がっているため、一部地域に物件が集中しているようです。

一方、狙い目エリアとしては「神明」エリアが挙げられます。日野駅の南東に広がっており、市役所もあることから、市内行政の中心地と言えます。

日野市の中古マンション取扱数ランキング

土地

地名 平均坪単価
新町 59.7万円
栄町 63.4万円
大坂上 71.7万円
神明 71.4万円
日野本町 80.6万円
日野 65.7万円
上田 55.6万円

最高値となったのはやはり日野本町エリア。お手頃エリアの上田エリアに比べて約25万円も高く取引されています。このエリアは市内でも特に価格差が小さいエリアと言えます。

日野市の売地物件取扱数ランキング

日野第一中学校区内の生活情報

日野駅を始め甲州街道駅と万願寺駅という多摩都市モノレールにもアクセス良好なエリアです。中央自動車道がエリアを南北に分けており、北側は住宅地、南側は農業地として栄えています。

エリアの北側は川が流れていることから、自然も多く残っています。

大坂上中学校区内の生活情報

エリア内に日野市役所を擁し、市政の中心地ともいえる大坂上中学校区。エリア北西部は農地や緑地が多く、南西部は日野自動車の本社が構えています。エリア東部の日野駅に近い地域に保育所や幼稚園が集中しています。