日野市で理想の暮らしを実現できる不動産会社をリサーチ

HOME » 日野市内の住みやすさまとめ » 南部(南平駅エリア)

南部(南平駅エリア)

日野市を4分割したうち、南平駅周辺を中心とした、南部エリアの住みやすさを紹介します。

日野市南部(南平駅エリア)の住みやすさは?

「犬の横顔」に例えられる日野市。このサイトではそのうち、南平駅エリアを中心に、平山中学校と七生中学校それぞれの学区をまとめて南部と位置づけました。この地域内の地価や物件価格の相場、交通機関や教育機関などの情報をまとめています。

エリア全体のデータ

地価平均は1m2あたり、およそ17万円、坪単価に直すとおよそ58万円というデータがあります。日野市全体の平均坪単価が約68万円なので、平均よりもお手頃と言えます。

それでは、エリア内の中古戸建・中古マンション・土地それぞれの相場を見てみましょう。

中古戸建

地名 平均坪単価
平山 88.6万円
川端堀之内 125.9万円
南平 108.7万円

坪単価だけで見た場合の狙い目は平山エリア。南平とは1坪あたり20万円もの差が出ています。また、川端堀之内は日野市のほぼ中央に位置するエリア。西部の多摩平や豊田ほどではありませんが、南部の中では高級住宅街と言えそうです。

日野市の不動産会社を戸建物件の取扱数でランキング!

中古マンション

地名 平均坪単価
平山 60.1万円
南平 87.0万円

戸建てでは約20万円だった平山と南平の平均坪単価の差。中古マンションでは27万円にまで広がりました。南平の方が資産価値の高い建物に住める、ということではないでしょうか。

日野市の不動産会社を中古マンションの取扱数でランキング!

土地

地名 平均坪単価
平山 51.0万円
南平 44.4万円

建物がなくなると、平山と南平の順位が逆転しました。ですが基準点の地価ではやはり南平の方が高いので、この金額だけを目安にするのはお勧めできません。

日野市の不動産会社を売地物件の取扱数でランキング!

七生中学校区内の生活情報

京王線「南平」駅を最寄駅とするエリア。南東部分は計画的に開発された住宅街が広がり、その多くが戸建てなのだとか。

ただ、病院や商業施設が少ないため、日々の買い物は少し遠出が必要かもしれません。

平山中学校区内の生活情報

エリア内の交通機関としては、京王線「平山城址公園」駅があり、その他にも豊田駅や長沼駅も利用できます。八王子市に隣接していることもあり、日々の買い物は八王子で、という人もいるのだとか。

また、エリア内には国内最大級のスーパーマーケットブランドも出店しています。